NEWS

詳細はこちらをご覧下さい。

大会再延期のお知らせ​

5月15日(土)、16日(日)の開催をご案内しておりました本大会ですが、★6月12日(土)、13日(日)に再延期★させていただくことになりました。

緊急事態宣言中ではありますが、イベントに関して緩和された事によりコロナ感染予防対策を万全にして開催しようと準備を整えておりましたが、聖火リレーが急遽、公道での開催を中止するなどコロナ感染症への対応が目まぐるしくかわってきており、急な決定で参加予定の方々には本当に申し訳ありません。
せっかく皆様が楽しみにしてくださっている大会をこれ以上延期したくない、ましてや中止は絶対に避けたいという思いで、一度は決行の決断をいたしました。しかしこの状況下での開催が、みなさまを不安にさせ、楽しんでいただけないのではとなりました。
このようなことから、主催者、関係者で何度も話し合った結果、この度の再延期の決定に至りました。

参加の準備を整え、予定を入れてくださっていた皆さまには、このようなギリギリの決定となってしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。

6月12日(土)、13日(日)の開催予定に合わせ、再度「わくわくした気持ち」を貯めていただけましたら幸いです。

皆様の笑顔にお会いできる日が必ずくることを信じております。
引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

2021.05.01(Sat)

RACE START!

京丹後で一番空に近いこの場所で。

様々なアクティビティが楽しめる「丹後半島森林公園スイス村」と
プロ山岳ランナー "近江 竜之介"が率いる「TEAM☆SKY KYOTO」がタッグを組み、
自然あふれる京丹後の魅力をたっぷり詰め込んだ大会を創る。

TEAM☆SKY KYOTOの主催大会

TEAM☆SKY KYOTOは、これまでにも希望が丘スカイラン、牛松山バーティカルを主催しています。楽しさとキツさが入り混じった表情、息遣い、ゴールでの熱い声援をぜひ動画でご覧ください!

動画再生
動画再生
動画再生

2021.05.01(Sat)

RACE START!

京丹後で一番空に近いこの場所で。

大会再延期のお知らせ

5月15日(土)、16日(日)の開催をご案内しておりました本大会ですが、★6月12日(土)、13日(日)に再延期★させていただくことになりました。

緊急事態宣言中ではありますが、イベントに関して緩和された事によりコロナ感染予防対策を万全にして開催しようと準備を整えておりましたが、聖火リレーが急遽、公道での開催を中止するなどコロナ感染症への対応が目まぐるしくかわってきており、急な決定で参加予定の方々には本当に申し訳ありません。
せっかく皆様が楽しみにしてくださっている大会をこれ以上延期したくない、ましてや中止は絶対に避けたいという思いで、一度は決行の決断をいたしました。しかしこの状況下での開催が、みなさまを不安にさせ、楽しんでいただけないのではとなりました。
このようなことから、主催者、関係者で何度も話し合った結果、この度の再延期の決定に至りました。

参加の準備を整え、予定を入れてくださっていた皆さまには、このようなギリギリの決定となってしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。

6月12日(土)、13日(日)の開催予定に合わせ、再度「わくわくした気持ち」を貯めていただけましたら幸いです。

皆様の笑顔にお会いできる日が必ずくることを信じております。
引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

What is KYOTANGO MTX??

レースの舞台は
京都府北部に位置する京丹後市。

ユネスコ世界ジオパークに指定され、
地球をまるごと楽しめる
「山陰海岸ジオパーク」

標高683メートルからパノラマビューで
日本海を一望できる
「太鼓山」などがある。

様々なアクティビティが楽しめる
「丹後半島森林公園スイス村」と

プロ山岳ランナー近江 竜之介が率いる
「TEAM☆SKY KYOTO」が
タッグを組み、

自然あふれる京丹後の
魅力をたっぷり詰め込んだ
大会を創る。

レース開始まで

あと
時間

他の主催大会

TEAM☆SKY KYOTOは、これまでにも希望が丘スカイラン、牛松山バーティカルを主催しています。楽しさとキツさが入り混じった表情、息遣い、ゴールでの熱い声援をぜひご覧ください!

日本代表 楠田選手によるコースレポート
(TEAM☆SKY KYOTO所属)

上記動画は今回のコースではありません。

TEAM☆SKY KYOTOのメンバーで、京丹後スイス村マウンテンクロスレース(22.5km/D+700m)の試走をしてきました。

マウンテンクロスという大会名は、とロードや林道、不整地、ゲレンデなどのアップダウンを含むコースと、京丹後の歴史的地理がクロスする、という意味が込められています。

まず初めの2kmはアドベンチャー!
立派な鹿の角が落ちてる落ちてる。自然豊かな不整地を用心深く下っていきます。

その後は、気持ちよく走れる林道やロードが続きます。
途中、手掘りのトンネルを通ったり、吊橋を渡ったり、昔ながらの建物の集落の中を駆け抜けたり…

のどかな景色の中を走ったあと、14kmあたりに待ち受けるは、約4kmの地獄のつづら登り!
「どこまで続くのー!」と叫びたくなる辛い坂道ですが、登りきると碇高原牧場の広大な景色が広がります。その時の達成感は格別です。

とはいえ、ゴールはまだ先。その後はゆるい傾斜のロードでスイス村方面へ。
ここでどれだけ足が残っているかが勝負の分かれ目かも!?
ラストにガツンとゲレンデを登ったあとは、かけ下ってゴールです。

自然あふれる京丹後の魅力をたっぷり詰め込んだコース、ぜひ色んな人に味わって欲しいと感じた試走会でした。